• 感動したよ、アーティスト紹介:GRAHAM COXON(October 17, 2004)
  • やってきたよ、コートニー・ラヴ!(September 2, 2004)
  • ポカスカジャン リーダー大久保乃武夫より(September 2, 2004)
  • 原田郁子と愉快な仲間たち編(August 9, 2004)
  • あなたの感動を教えてください(August 2, 2004)
  • 吾妻光良&スウィンギング・バッパーズ(July 28, 2004)
  • バンバンバザール(July 27, 2004)
  • サルサガムテープ(July 27, 2004)
  • FLUID(July 26, 2004)
  • アジアンカンフージェネレーション(July 26, 2004)
  • Jamaica All Stars(July 22, 2004)
  • コンドウトモヒロ(PEALOUT)(July 19, 2004)
  • British Sea Power(July 18, 2004)
  • Fermin Muguruza & Kontrabanda(July 16, 2004)
  • 忌野清志郎&NiceMiddle with New Blue Day Horns(July 16, 2004)
  • Ben Harper & The Innocent Crimiinals(July 15, 2004)
  • 斎藤和義(July 15, 2004)
  • COURTNEY LOVE(July 14, 2004)
  • Jack Johnson(July 14, 2004)
  • P J Harvey(July 14, 2004)
  • UA(July 14, 2004)
  • PRAXIS featuring Bill Laswell(July 14, 2004)
  • fujirockersでやってしまおう、勝手にアーティスト紹介!(July 14, 2004)
  • やってきたよ、コートニー・ラヴ!

    love1_kuma_frf04.jpg  あんたはまたヒステリーの女に共感を覚えてる、と旧友に言われても、だれに何と思われてもいい。ただ言いたいのは一つ。コートニーは十代のあの荒ぶる剥き出しの魂を再び私達に突き出したのだ。昔のコートニーが戻ってきた。私自身、思い入れたっぷりに涙したHoleと出会った夏にすっかり帰れてしまった。

     2曲ほど演奏したのち、メンバー紹介MCの最後に、"I'm …just a girl!"、'コートニーが言うと、会場はそれに反応し、ざわめきが起こった。

     その言葉のとおり、コートニーはまた、ただの女の子として帰ってきた。

     バンドのメンバーは全員女子という一見華やかなステージ、でも、もうこれで行くしかないでしょうというくらい、力強くコートニーを支えていた。コートニーがバイセクシュアルである(あった?)とか、いろんなことは知っているが、それらを度返ししても、赴くままに演奏する曲をステージ上で決めちゃう彼女の振る舞いをふくめて、あのバンドのメンバーでしか共有できないことなのだろうと思う。ソロ活動を始めたことは知っていたが、楽曲はほとんど聴いていなかったので、Hole時代のスタンダードな曲をいっぱい演奏してくれたことはとてもうれしかった。(正直に話すが、終了後会場でそんなことを言ってる人がたくさんいた。)焦りと、不安と、チェーンスモークと、だみ声と。鬼子母神のような、世界の憎悪を全て背負ってたってやろうか、という気迫と、それと同居する確信犯的なみだらさとが、コートニーここに有りという安心に私達をいざなう。

     「Celebrity Skin」以降の、突然の音楽に対する真摯さ、態度のクリーンさ、のみならずビジュアル的にも洗練されて綺麗になったコートニーの映画界への進出、モデル業での活躍ぶりに私達は「一人の女がいっぱしに更正したみたいですわ」という意地悪な視線を投げかけて、ロックファンと言う立場を投げ打って、彼女のおっぱいやら、金髪やら、何やらかんやらを消費してきた。

     美しく生まれ変わったこと、それはそれで面白かった。コートニーだって言っている「いつまでも昔の大切な人の、死の思い出ばかりにひたっていられないのよ」と。女オタクすることがどれだけ精神によい効果をもたらすか、わかっていますもの、おねえさま。

     コートニーが昔のコートニーに帰ったみたいだ、と私は書いた。でもその実、年はとったなあと思ったし、もうおなかいっぱい、そのネタ飽きた、という言葉を飲み込んだりもした。

     つまりは距離を取りかねている自分がどこかにいる。トラウマ至上主義のHoleワールドと今の彼女と私との。

    love2_kuma_frf04.jpg


     ざっくりとつかんだ印象では、コートニーのタナトスは明らかにHole時代よりも軽減している。ムンクの絵画のように、骸骨とダンスする少女の姿はもううっすらとしかない。マチュアになったといえば、そうなのかもしれない。でも単純にそうとは言い切れない。

     アンコールのあとは、ピンクのブラジャーをはだけて、「こうしたら、こういう風に感じちゃうんでしょ。あん?」って、やっぱり最後は言いたかったように思うし、クレバー気取ってる場合じゃ、なかったんだ、私、ってコートニーが、そのブラジャーの奥の奥の心の中で高笑いしてるように感じた。私もそれには共感だ。

      written by 平澤晴花

    ----------------------


    album and singles info
    Courtney Love

    Mono : (MAXI US import) / (MAXI UK import)
    America's Sweetheart : 国内盤 (CCCD) / US import
    Maximum Courtney Love (UK import)
    Hole: In Conversation : US import

    Hole

    Celebrity Skin : 国内盤 / UK限定盤bonus Live CD付き / US import
    Celebrity Skin (MAXI) : MAXI US import
    Pretty on the Inside : US import
    Live Through This : US import with a bonus CD / 国内盤
    Ask for it : MAXI US import
    オーフル : MAXI 国内盤
    Awful, Pt1 : MAXI UK import (enhanced)
    Awful : Australian Tour : MAXI US import
    The First SessionMAXI US import
    他多数
    ----------------------


    感動したよ、アーティスト紹介」というコンセプトで続いているこのセクション、いつもみなさんの原稿を待っています。単独のアーティストに関してはartists@fujirockers.orgまで、Subjectに「感動したよ、アーティスト紹介」と書いて、そして、今年のtop5に関してはtop5@fujirockers.orgまでSubjectに「今年のtop5はこれだ!」と書いて、最低600文字ぐらい目安で原稿を書いてメールで送ってください。さてさて、みなさんは誰に感動しました?

    (September 02, 2004)
  • 速報!Heal Niigata第2弾始動!大将出演イベント決定!
    そして今年のフジのチケットについて大将に直撃!!
    (February 18, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]名古屋ダイアモンドホール(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]札幌ペニーレーン24(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]ZEPP東京(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]渋谷AX(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]大阪 難波HATCH(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA] 横浜BLITZ(February 6, 2005)
  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

    165x55