• [HEAL NIIGATA]名古屋ダイアモンドホール(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]札幌ペニーレーン24(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]ZEPP東京(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]渋谷AX(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]大阪 難波HATCH(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA] 横浜BLITZ(February 6, 2005)
  • 「HEAL NIIGATA」という“きっかけ”を無駄にしない(February 5, 2005)
  • エレグラ photoレポ- ORG-sama編 (December 15, 2004)
  • エレグラ photoレポ- ORG-keco編 (December 15, 2004)
  • 朝霧JAM-photoレポート-yusuke編(December 4, 2004)
  • 朝霧JAM-photoレポート-sama編(December 4, 2004)
  • 朝霧JAM-photoレポート-hanasan編(December 4, 2004)
  • 朝霧JAM-ライブレポート(December 1, 2004)
  • オルグ戦隊ライジング3(September 22, 2004)
  • グラスト座談会 〜オルグスタッフがグラストを斬る〜(July 23, 2004)
  • フジまで待ちきれずに沖縄でフェスを体験してきました。(July 23, 2004)
  • フジ以外のフェスも楽しんでしまおう!(July 23, 2004)
  • [HEAL NIIGATA]名古屋ダイアモンドホール

    『はじめの一歩』


    nagoya36_9_1.jpg  2階席のある東京や大阪の会場に比べると、比較的こじんまりした会場での開催だった、名古屋でのヒール新潟。地元名古屋をベースに活動するバンドを中心にしたラインナップで、アーティストとお客さんの距離もひときわ近く、どこか手作り風な雰囲気を持ちながら、ライブは進んでいった。特に印象に残ったのは、トップバッターで登場した自由人。まだ二十歳そこそこというこの四人組ギターロック・バンドが、勢いよくイベントをスタートさせてくれた。

     このイベントに自分はスタッフとして参加させてもらったのだが、お客さんの目から見れば、きっと普段のライブとは違った感じ方をしたと思う。チケットを切る人も、会場でグッズを売るお兄ちゃんも、照明さんも、みんなボランティアで参加している。つまり、ここに集まった人たちは、ある意味、みんな仲間なのだ。大好きなミュージシャンも、あくまでノーギャラで、自分と同じ目的を持って、今日のステージに立っている。そう考えると、ライブを見るのにも、またグッと熱が入ってくると思う。

     もちろん、これが新潟へ義援金を送るイベントだというのを、ほとんど考えずに来た人もいたと思う(とはいえ、そのことをまったく知らないという人に会うことはさすがになかったけど)。もしかしたら、けっこうな数の人がそうだったかもしれないが、その人たちにも、このイベントは、普段のライブと違って感じられたんじゃないだろうか。「見返りは考えずに、何か人のためになることをする」。普段やろうとしても、なかなかできないことを、このイベントを通じて、いくらか成し遂げることができたからだ。充実感というか、そんなポジティブな空気は、会場にいる間、ずっと感じることができた。

    Reported by ORG-rad,Photo by hanasan

    (February 08, 2005)
  • 速報!Heal Niigata第2弾始動!大将出演イベント決定!
    そして今年のフジのチケットについて大将に直撃!!
    (February 18, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]名古屋ダイアモンドホール(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]札幌ペニーレーン24(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]ZEPP東京(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]渋谷AX(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA]大阪 難波HATCH(February 8, 2005)
  • [HEAL NIIGATA] 横浜BLITZ(February 6, 2005)
  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

    165x55